コーヒーの残りカスでシリコンスチーマーの消臭をしてみた

生活・暮らし
この記事は約1分で読めます。

コーヒーを抽出した後の残りカス捨てていませんか?

コーヒーの残りカスの使い道

実はコーヒーの残りカスには消臭・脱臭効果があります。

コーヒー豆は焙煎することで表面に小さな穴が無数にあき、この穴が臭いの元を吸収することで消臭効果が生まれます。

https://curama.jp/other/magazine/1067/#a3

捨ててしまうくらいだったら、乾燥させて、脱臭剤代わりに使うのがおすすめです。

トイレや靴の脱臭に使うこともできますが、今回私が使ってみたのはシリコンスチーマーの脱臭です。

シリコンスチーマーの脱臭

料理に使うシリコンスチーマー。
使った後の匂いが結構気になります。

我が家のシリコンスチーマーは、ニラの匂いが残ってしまい、洗浄後に置いておいても気になってしまう状態でした(笑)

シリコンスチーマーにこびりついた匂いは強烈で、

洗剤に浸しても、
重曹を使っても、
漂白剤を使っても

全く匂いが落ちませんでした。

そこで、コーヒーの残りカスを敷いて、1日以上放置してみました。

今まで講じてみた対策の中で一番効果があったように感じます。
捨てちゃうものでこれだけ効果があれば大満足です。

タイトルとURLをコピーしました