ハンズフリーキーのメリット・デメリット

設備
この記事は約2分で読めます。

最近のマンションに導入されているハンズフリーキー(ラクセスキー)。
マンションのエントランスや住戸部分で、センサー部分に鍵をかざすことで、自動ドアが開きます。

私の住むマンションでも導入されていて、使ってみての便利さを感じているので共有します。

ハンズフリーキーのメリット

ハンズフリーキーを使って感じたメリットを挙げてみます。

カバンに入っていても、両手が塞がっていても大丈夫

鍵をカバンから取り出す必要なく、そのままセンサーに近づくだけで反応をしてくれます。

suicaみたいなイメージですね(suicaよりも距離があっても反応します)

そのため、両手が塞がっていても、そのままエントランスの扉が開いてくれます。

無電池式でメンテナンス不要

最近のハンズフリーキーは、電池交換が不要な無電池式になっています。

そのため、電池交換などのメンテナンスは不要で、手間なく使い続けることができます。

ハンズフリーキーのデメリット

ハンズフリーキーのデメリットをご紹介します。

鍵の追加購入が高い

私の住むマンションでは、鍵の追加購入価格が一つあたり¥7,000もします。
無くした場合のコストがバカになりません。

鍵の登録料がかかることがある

もし鍵を追加購入した場合は、センサーに対して鍵の情報を登録する必要があります。

私の住むマンションでは、鍵の購入とは別にこの追加登録料が¥12,000もかかります。

鍵の追加購入と合わせて、約¥20,000。

絶対になくさないように気をつけます。

タイトルとURLをコピーしました