メガバンクとネット銀行、どちらで住宅ローンは借りた方がお得か?

住宅ローン
この記事は約4分で読めます。

マンション・戸建て問わず、住宅を購入するときに「住宅ローン」を使わないという人はほとんどいないと思います。

住宅ローンで銀行から借り入れすれば、住宅ローン控除で節税をすることもできます。

そんな住宅ローンを借り入れする銀行は自分で選択をすることができますが、メガバンクとネット銀行どちららが良いのでしょうか?

メガバンクとネット銀行ってどんな銀行?

そもそもメガバンク・ネットバンクとはどの銀行のことでしょうか?

メガバンクってどの銀行?

メガバンクとは、主に

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行

の3つの銀行になります。

メガバンクとは、総資産がおよそ1兆ドル以上の巨大な銀行グループを指す言葉だ。海外では米シティグループ、ドイツ銀行、仏BNPパリバなどが有名だが、日本では「みずほフィナンシャルグループ(FG)」「三菱UFJフィナンシャル・グループ」「三井住友フィナンシャルグループ」が3大メガバンクと呼ばれている。

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00081/040600355/#:~:text=%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E7%B7%8F%E8%B3%87%E7%94%A3,%E3%81%A8%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%82

ネット銀行ってどの銀行?

ネット銀行は、実際の店舗を持たずに、インターネットの取引を中心に営業している銀行にあたります。

主な銀行としては、以下の一覧の銀行が挙げられます。

  • PayPay銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • auじぶん銀行
  • イオン銀行

メガバンクで住宅ローンを利用するメリット

メガバンクで住宅ローンを利用するメリットをまとめてみました。

対面相談ができる銀行が多い

初めて住宅ローンを利用する場合、金額も大きく勝手もわからないため不安も多いと思います。

ネットバンクは実店舗を持たない銀行もあるため、相談がオンラインやチャットなどに限られてしまうところもありますが、メガバンクなどの実店舗がある銀行であれば、対面で相談ができます。

相談可能な店舗数も多いので、小さな悩みや疑問なども、直接話を聞いてもらうことができます。

地方銀行より金利が安い

メガバンクは、ネットバンクほどではないですが、審査を通過して優遇金利がで起用された場合、地方銀行よりも金利が安い傾向にあります。

迷ったら、とりあえずメガバンクどれか一行は、事前審査受けてみて損はないと思います。

ネット銀行で住宅ローンを利用するメリット

続いて、ネット銀行で住宅ローンを利用するメリットをまとめてみました。

金利が安い

なんといっても、金利が安いというのが最大の特徴になります。

2022年8月時点で、もっとも安いと思われるのが、

auじぶん銀行の 年0.289%

適用条件はありますが、これは驚異的な安さです。

ただし、ネットバンクによってはメガバンクとあまり変わらない金利の銀行もあるので、よく比較する必要があります。

保証料がかからない

ネットバンクは、事務手数料がメガバンクより高いですが、その代わり保証料が無料です。

自分の借入金額に応じて、どのくらい特をすることができるか、よく確認したほうが良いでしょう。

ネット銀行は前述の通り事務手数料が高いのですが、保証料は無料です。ネット銀行では保証会社を使わないため、保証料がかからないのです。

メガバンク等では保証会社を使うため保証料が発生します。しかし、保証会社を使うことによって審査等のコストを抑えることができるので事務手数料は少額で済みます。これは保証会社が顧客の審査をしてくれるため、金融機関の作業が簡素化されているからです。

https://madoguchi.iyell.jp/loan/before/hikaku/commission/

事前審査が早い

ネットバンクは、事前審査が早いです。

最短、即日で審査結果がわかります。

この辺りは、書類だけで審査をするためなのでしょう。

心理的不安がすぐに解消されるのはありがたいですね。

タイトルとURLをコピーしました