物件はどのくらいの件数を見れば良いのか?

物件探し
この記事は約2分で読めます。

家探しは大きな買い物なので、どのくらいの件数を実際に見に行くべきなのか?悩む人多いと思います。
沢山見れば良いものでもないし、少ないと不安になることでしょう。

内見した数の平均件数

では、どのくらいの件数を見てみるべきなのでしょうか?
当然、過程によってケースバイケースで異なりますが、SUUMOの情報をみる限りは5件くらいが相場のようです。

何件くらい物件を見て購入する人が多いの?-不動産の売買に関する質問|SUUMO(スーモ)中古一戸建て
何件くらい物件を見て購入する人が多いの?-不動産の売買に関する質問|SUUMO(スーモ)中古一戸建て。全国の豊富な不動産や賃貸・マンション・一戸建ての情報満載!

実際に私が中古不動産の営業の方にお伺いしたところ、3〜5件くらいの方が多い印象がある、と仰っていました。

内見している件数は少なくても、数十年前と違いネットでそれ以上の多くの情報を見ている人が多いので、実はこのくらいの数で十分なように感じる人が多い印象、とのことでした。

とはいえ、金額の大きい買い物なので、1件だけではなく複数は見て後悔しないようにしておいた方が良いと思います。

私がモデルルーム・中古物件を見学した件数・体験談

ちなみに私は、新築・中古合わせて合計4件の物件を見学して購入に至りました。

見学した物件でそれぞれの比較ができたし、多く情報を詰め込みすぎなくて済んだので、このくらいの件数がちょうど良かったです。
今でも、他の家にしておけば良かった、という後悔はないので、自分の決断に満足しています。

家探しは一期一会なので、もし「この家だ」と思ったら、見学数が少なくても話を進めた方が良いかと思います。

タイトルとURLをコピーしました